Blog&column
ブログ・コラム

黒米の抗酸化作用について

query_builder 2022/10/01
コラム
39
黒米には、老化防止となる「抗酸化作用」があることをご存じでしょうか?
抗酸化作用によって、体内から健康的な体をつくることが期待できます。
この記事では、黒米の抗酸化作用について解説します。

▼抗酸化作用
抗酸化作用とは、体内でおきる酸化を抑制してくれる作用です。
体内の酸化によって細胞が正常に機能することが難しくなり、病気や老化を引き起こします。
体内の酸化の原因は、大気汚染やストレスなどです。
黒米は体内のサビを抑制する栄養素が含まれていますので、定期的に摂取することをおすすめします。

黒米に含まれる抗酸化作用
黒米はポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、強い抗酸化作用があります。
他にもビタミンEも含まれており、細胞の酸化を防止する効果が期待できるのです。
黒米を摂取することで体内の酸化を抑制して、健康的な体をつくることができます。

黒米の炊き方
白米1合に黒米大さじ1を入れて、炊くようにしましょう。
黒米白米と一緒に洗ってしまうと、アントシアニンの成分が流れてしまいます。
そのため白米を洗ったあとに、適量の黒米を入れるようにしてくださいね。
そして、炊飯器で白米黒米を30分ほど浸しておくことをおすすめします。
炊き上がったら全体を混ぜて、蒸らしたら出来上がりです。

▼まとめ
黒米には、抗酸化作用があるアントシアニンが含まれています。
アントシアニンには細胞の酸化を防ぐ作用があるので、病気や老化を防ぐ効果が期待できますよ。
そのため、定期的に黒米を食べることをおすすめします。

NEW

  • 24時間たたかえますか♪⁉

    query_builder 2022/02/05
  • 今日は何の日?

    query_builder 2022/01/25
  • 本年もどうぞよろしくお願いします

    query_builder 2022/01/06
  • 黒米の歴史とは

    query_builder 2022/12/01
  • 黒米の特徴とは

    query_builder 2022/11/15

CATEGORY

ARCHIVE