Blog&column
ブログ・コラム

甘酒の疲労回復効果で疲れにくい体を作ろう

query_builder 2022/02/28
コラム
16
意外なことに甘酒は俳句で夏の季語。
その由来は、江戸時代に甘酒が夏バテにきくとされ、甘酒の街頭販売が盛んだったからです。
「夏バテにきく」ということは疲労回復効果もあるはずですよね。
今回は、甘酒の疲労回復効果についてご紹介していきます。

▼甘酒が疲労回復にきく理由
甘酒は、疲労回復に必要とされる栄養素の宝庫。
具体的に、甘酒のどんな栄養素が疲労回復に効果的なのでしょうか。

■ブドウ糖で脳に栄養補給
甘酒は、米をこうじ菌が発酵させることで作る飲みものです。
その発酵の過程で、菌はお米のでんぷんを分解してブドウ糖を生み出します。
ブドウ糖は「これ以上分解できない」状態まで分解された糖質であるため、人体への消化吸収が非常にスピーディーなのです。

またブドウ糖は、私たち人間の脳そのものが感じた疲労を軽減する唯一の栄養素でもあります。
疲労による、集中力や判断力の低下も脳のブドウ糖不足が原因です。
そんな時は、糖を素早く吸収できる甘酒からブドウ糖を摂取してみてください。

■ビタミンB1でエネルギーの生成をスムーズに
パンやお米といった炭水化物は、分解されて人体の活動に必要な「エネルギー」に転換されます。
そのエネルギーへの転換作業の時に必要なのがビタミンB1という栄養素。
カップラーメン中心など、炭水化物に偏った食生活を送っていると、ビタミンB1がどんどん消費され、倦怠感などの原因にもなってしまいます。
甘酒を飲んで不足しがちなビタミンB1を補ってあげください。

■必須アミノ酸で疲れにくい体に
人体の中では一切作り出すことのできない必須アミノ酸。
この必須アミノ酸は、筋肉や臓器などを再生する効果を持つ栄養素です。
人体で作り出せないからこそ、定期的に摂取し続けることで疲労に強い体になっていきます。

▼まとめ
甘酒が持つ疲労回復効果についてご紹介しました。
ブドウ糖による脳疲労の軽減や、ビタミンB1による効率的なエネルギー生成が可能です。
必須アミノ酸による疲れにくい体作りにも効果的なので、毎日の生活に是非取り入れてみてくださいね。

NEW

  • 24時間たたかえますか♪⁉

    query_builder 2022/02/05
  • 今日は何の日?

    query_builder 2022/01/25
  • 本年もどうぞよろしくお願いします

    query_builder 2022/01/06
  • 麹味噌の発祥と歴史について

    query_builder 2022/07/01
  • 麹味噌の特徴について

    query_builder 2022/06/22

CATEGORY

ARCHIVE